ネット医薬品と薬剤師

user-pic
0
医療における変化が色々と起きると同時に、医薬品における販売の方法も大きく変化しつつあります。 以前は、考えられなかった、医薬品が、ネットで注文し、家に届けられる、という形になり、今では普通の事と感じられる、このシステムも、少し前なら考えられない事でした。

この変化していく医薬品の販売の方式は、どのようなものなのか?といえば、そもそも一般の大衆薬というものは、その薬の作用の度合いで、第1類から3類ま で分けられる事となりましたが、第1類とは、大まかにいえば、副作用が起き得る可能性が一番高いものということになり、第2類に関しては、1類と比較し て、次に副作用が高いものであり、例えば風邪薬等があげられます。 更に第3類という事になると、そうした副作用のリスクが一番低いものとなり、尚且つこの薬の販売が、ネットでも許されているものと言えます。

第1類の販売が、許されているのは、薬剤師だけとなり、第2類は、登録販売者もしくは、薬剤師が販売できるものとなります。 更に第3類の場合は、薬剤師、登録販売者が存在しなくても販売できるものとなるため、コンビニ等でも見かける薬、となります。

このような、販売方式の中でも、やはり薬剤師の雇用を確保しようという部分が見え隠れしている部分は感じますが、このような方式を取るよりも、薬剤師の雇 用を考えるなら、『保身』的な考え、作戦を立てるよりも時代の流れに沿う、新しい発想、姿勢が必要ではないかと思う、昨今ではありますが、このような方式 で、大衆薬の販売様式が分けられている事となります。

そもそも、薬における色々な事情、方式が存在し、ネット医薬品に関する問題では、とりあえず、薬剤師の存在は必要とせず、売り買いできる事となりますが、 マンがイイ値、多くの方が、大衆薬を区別することなくネットで買いたいという意思が強まれば、やはり薬剤師会等が、それに対する何らかの問題点を指摘する 事は、当然ですが、そうなった時は、またそうなったときで、もしかすると、別なビジネスを開拓する事、また違った方法で、薬剤師の活躍の場が増えてくる事 も考えられますので、インターネットで医薬品が買えるようになった今、色々な対策を検討すべきではないか?と思います。

ネット医薬品により、薬剤師の存在が必要か否か、という問題は、こうして、薬をネットで販売するにあたり、売るという事だけでなく販売前、あとのケアにお ける薬剤師の活躍という部分にあるということで、最近はスカイプ等もあるので、これを利用し、その薬における解説、服薬指導的なものを作り上げるというの も一つの方法ではないかと考えます。(病院薬剤師もネット医薬品については学ぶ必要がありますが病院薬剤師の求人情報や志望動機の書き方などについては左記をご参考下さい。)

このブログ記事について

このページは、たつきが2013年6月19日 16:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「あ展おもしろいですよ」です。

次のブログ記事は「すごい役者さんばっかりで」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク