2016年5月アーカイブ

すごく気になる、小2男児の置き去り事件。

よくスーパーとか公園とか、泣いて暴れている子どもをお母さんが叱って、「もう知らない!」とか何とか言って去っていくシーン、たまに見かけますしよくあると思います。
でもそれはやっぱり絶対に離れ離れにならないっていう前提でやってることだと思うんですが、今回のこの事件、どんなシチュエーションだったんでしょうか・・・。
ドライブで置き去りにしたって聞きましたが、子どもを置いて車で立ち去ったのかな?
すぐに戻るつもりだったのかもしれませんが、でも一瞬でも視界から消えてしまったら、やっぱり気になりますよね。
早く無事に保護されるといいのですが・・・。

そんなことが気になった薬剤師でした。
調剤業務休憩のときもテレビとか見たりしてます。
一般的な薬剤師ですが、ちょっと最近のテレビの「おもしろくなさ」が気になっていて、そこを脳科学者茂木健一郎さんが、適切に指摘されていたので、私もそういうことだ!だからみなくなったんだ!と感じたので、備忘録としてブログに書いておきます。

茂木健一郎さん曰わく、昔は、一般の方がテレビに出て、回答したりするのを、司会の方の接し方などが、丁寧でかつ、リスペクトされていたと言うこと。
それが、いつの事からか、テレビの世界は、お笑い芸人の人たちが、一般の方をいじるというのが当たり前になってしまいましたよね・・・。
そういう「いじる」ということで笑いを成立させるという作りが多くなってきましたよね。
そういうところが、テレビをつまらなくさせている要因の一つなんですね。

妙に納得出来ました・・・。

このアーカイブについて

このページには、2016年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年4月です。

次のアーカイブは2016年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク